2007年06月11日

想像力は意思より強いは確かにわかります。

あの宮川さんからいただきました。
宮川明さんのサクセスプレナーシップ通信で
いつも学ばせていただいています。

ネットビジネスについて、しっかりとした取り組みが必要ですね。
いつも、この通信を頂いた時、考えさせられています。

一緒に学びませんか?

ここから)

こんにちは、宮川明です。


前回は、“成功するお金の使い方”というトピックで、
投資・消費・浪費の違いをお話をしました。


今回は、“想像力は意思より強い”という内容を
お話したいと思います。

自己暗示の研究で有名な人に、エミール・クーエという
薬剤師の人がいるのですが、ご存知でしょうか?

彼は、意志と想像力について、次のような法則を
打ち立てています。

「想像力と意志の力が衝突し、対立する場合、
勝利をおさめるのは常に想像力の方である。
このことにいかなる例外もない。」

そうです。

意思と想像力であれば、常に想像力のほうが強いのです。


つまり、想像力こそが、成功の鍵を握っているという
ことです。


例えば、私は昔、サラリーマンの時、会社の社長に対して、
ある商品を営業していたのですが、

その時、「絶対、あの人に買って貰うぞ」と意思を
強く決めたとしても、断られているところを想像しながら
営業してしまうと、必ずといってもいいほど断られました。

そして、

「あぁ〜、やっぱり断られたよ。だからダメなんだ。」と、
自問自答していた経験があります。


この時私は、まさにこの法則にはまっていたのです!

どういうことかというと、断られるところを想像しながら
営業していたので、現実もやはり断られてしまったという訳です。


もちろん、私は、意思の力では、その社長に販売する
つもりでした。

しかし、想像の上で、断られるところをイメージしながら
営業してしまっていましたので、その想像力が勝ってしまい、
現実も断られてしまったという訳です。


そして、これは私だけではなくて、あなたにも
同じように起こりえることです。

断られるのが怖くて躊躇ってしまう。
そして、協力の申し出を断られてしまうところを想像してしまう。

そうすると、自分がまさに想像してしまったその内容を、
相手に投影して、それが現実となってしまうのです。

これは凄くもったいないことです。

なぜなら、もとはといえば、自分が想像してしまった
だけのことだからです。

そう。

つまり、どうせ想像した内容が相手に投影されるなら、
最高の場面を思い描いたほうが良いということです。

理想の状態を想像し、そして、最高に上手くいった時の喜びの
状態を想像するのです。

そうすれば、そのイメージが、相手に投影されるのです。
      

もちろん、それでも上手くいかない時もあるでしょう。
しかし、その確率はぐっと下がるはずです。

なぜなら、あなたの心が相手に投影されるというのが、
この世の中の仕組みだからです。


(量子力学を思い出してください。物質は波でもある以上、
私たちは波でもあるのです。だから、想像したイメージが相手に
伝わったとしても、ちっとも不思議ではないのです。)


だから、最高の場面を思い描けば、それが実現することは往々にして
あるのです。


そして、もしあなたが自分の意志が弱いとお考えなら、
それは、意思が弱いのではなくて想像力がネガティブである可能性が
あります。

そして、想像するイメージは、自分で選ぶことができるのです。


では、今回はここまでです。
次回もお楽しみに。


To Our Success!

インターネットマーケッター&サクセストレーナー
              宮川 明


インサイダークラブの無料お試しはこちら


タグ:宮川明
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44550243

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。